« 「夜の祇園界隈」(京都市) | トップページ | 尾道めぐり「千光寺道、文学のこみち、千光寺公園」(広島県尾道市) »

世界文化遺産「国宝 姫路城」(兵庫県姫路市)

Cimg0319 世界文化遺産に登録されている「国宝 姫路城」に行きました。姫路城はその美しさから「白鷺城」とも言われ、大天守と3つの小天守、渡櫓が国宝、その他の櫓や門が重文に指定されている。城主も羽柴秀吉、秀長、池田輝政など名だたる人物が入城している。国宝に指定されている現存する城は、松本城、犬山城、彦根城、そしてここ姫路城。これで4つの城全部を見てきたが、やっぱりこの姫路城は別格、本当に美しい城だ。どこから見ても、ずっと見ていても全く飽きることがない。天守閣最上部からは、姫路城かをはじめ、瀬戸内海から四国まで見渡すことができ、眺望も抜群。まさに日本の、世界の宝である。Cimg0301_2 Cimg0309_2  Cimg0310 Cimg0313 Cimg0323 Cimg0325

Cimg0326Cimg0327

|

« 「夜の祇園界隈」(京都市) | トップページ | 尾道めぐり「千光寺道、文学のこみち、千光寺公園」(広島県尾道市) »

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界文化遺産「国宝 姫路城」(兵庫県姫路市):

« 「夜の祇園界隈」(京都市) | トップページ | 尾道めぐり「千光寺道、文学のこみち、千光寺公園」(広島県尾道市) »