« 「麺屋 陣丸」(新潟県長岡市) | トップページ | 「支那そばや @新横浜ラーメン博物館」(神奈川県横浜市港北区) »

「三沢光晴永遠に!! お別れ会(献花式)」(東京都江東区)

6月13日の試合中に急逝したプロレスリング・ノア社長で、日本を代表するトッププロレスラー・三沢光晴氏のお別れ会(献花式)がディファ有明で行われ、三沢ファンの私もお別れに行ってきました。ディファ有明は2000年8月に三沢が「自由・・・そして信念」を掲げ、立ち上がったNOAH(ノア)誕生の聖地。NOAH誕生のその日、私も仲間とともにディファ有明、この場で三沢光晴の感動的なノア船出に立ち会っていました。あれから9年、まさか同じこのディファ有明で三沢光晴を送ることになろうとは・・・。今日は14時の一般受付に間に合うように到着しましたが、既に2km近く、1万人近くのファンが三沢にお別れを告げに列を作っていました。その後もファンが次々と集まってきて、最終的には約26,000人の参列者でディファを埋め尽くしました。あらためて三沢光晴の偉大さ、素晴らしさを実感しました。私も2時間30分列に並びましたが、その間、さまざまなことが頭を駆け巡りました。2代目タイガー、鶴田との死闘、全日からノアへ・・・。いつもプロレス界を考え、自ら闘い、そして信念を持った行動。波乱万丈のプロレス人生だったと思います。2時間30分並んでようやくホールへ。ホール内は撮影できませんでしたが、正面にリング。その上にGHCのベルトを巻き、いつものガウンをまとった三沢の遺影が飾られ、そしてテーマ曲「スパルタンX」が流れ、いまにも入場してきそうです。胸が熱くなり、しばし三沢の遺影を見つめていました。そして、リングに献花し、最後のお別れをしました。出口には小橋、秋山、菊池選手などが並び、献花に訪れた一人ひとりに丁寧に挨拶していました。特に小橋選手は、一人ひとり目を見ながら丁寧に挨拶をしてくれました。感動で胸がいっぱいです。早すぎる死でしたが、私の心にはいつまでもいつまでも、永遠に三沢光晴は生き続けています。「いままで、本当にありがとう!あなたから感動と勇気をたくさんもらいました。三沢は最強です!永遠です!!!」1538 1540 1530 1533 1534 1536 1542 1520

1575

|

« 「麺屋 陣丸」(新潟県長岡市) | トップページ | 「支那そばや @新横浜ラーメン博物館」(神奈川県横浜市港北区) »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三沢光晴永遠に!! お別れ会(献花式)」(東京都江東区):

» 献花式 [りつこの出来事]
!! お別れ会(献花式)」(東京 6月13日の試合中に急逝したプロレスリング・ノ... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 07時15分

« 「麺屋 陣丸」(新潟県長岡市) | トップページ | 「支那そばや @新横浜ラーメン博物館」(神奈川県横浜市港北区) »