« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

「とみぃ’ず きっちん。」(富山市)

富山市本郷西部の「とみぃ’ず きっちん。」へ。国道8号沿いのゲームセンターの中にあり、朝10時から営業しています。店内はかなり広々、店内の隅にもゲーム機も。店の前には”自家製麺と自家製カレーの店”の文字。ラーメンのほかにカレーや丼物、セットなどがあります。今日は煮玉子つけ麺を注文。クーポンでチャーシュー増量しました。膳の上げ下げはセルフ方式。出来上がるとマイクで番号を呼ばれます。麺とつけダレ、そしてチャーシューなどのトッピング類が別皿です。つけダレはまったりとしてとろみのある濃厚豚骨ベジポタ。見た目味噌かカレーのような色です。かなり粘度が高く、量は少なめですが、極太麺がよ~く絡む旨いたれです。自家製の極太麺は歯を押し返すほどの噛み応え。よく噛まないと飲み込めません。食べ応えのある麺です。麺の上にとろろ昆布・・・珍しいですね。チャーシューはとても柔らかく、肉の旨みがよく出た逸品。煮玉子とメンマも程よい味付けで美味しいです。最後の方で、つけダレが少なくなってしまいますが、とても美味しくいただけました。カレーも試してみたくなります。6247 6248 6251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺処 煮込亭 @富山ラーメンフェスタ2012」(富山県射水市)

富山ラーメンフェスタ、4杯目は射水市の「煮込亭」。店名にあるようにもつ煮込みうどんが人気のようで、ラーメンも提供するお店です。ラーメンフェスタではもつラーメンと三味一体マル秘ラーメンが提供されていますが、怪しげな?名前に惹かれて三味一体マル秘ラーメンをいただきます。三味とは塩、しょうゆ、とんこつのことのようで、この三味が絶妙に絡み合うスープと書いてあります。確かに三つの味が混じりあった感のあるスープです。まったりとしているようで結構すっきり味。どこかコンソメや即席ラーメンのスープに似ているような気もしますが、後を引く不思議な味わいです。野菜やコーンも入って甘みも出ています。もつも食べてみたいですね。6241 6242 6243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラーメン専門店 めん家 @富山ラーメンフェスタ2012」(富山市)

富山ラーメンフェスタ、3杯目は富山市の「めん家」。ラーメンフェスタでのメニューはお店の一番人気の塩ネギラーメンと野菜あんかけラーメンの2種類。塩ネギはお店でいただいたことがあるので、今日は野菜あんかけラーメンです。アッサリとした塩スープ。もやし、キャベツ玉ネギなどを炒めたあんがたっぷりとかけられ、最後まで熱々でいただけます。炒め野菜の香ばしさと旨みが塩スープに加えられて抜群の旨さ。これは美味しいです。中細麺ももちもち。スープ、あんがよく絡みます。体もポカポカ、寒い日には最高の一杯です。6237 6239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺家 いろは @富山ラーメンフェスタ2012」(富山県射水市)

富山ラーメンフェスタ、2杯目は「いろは」へ。東京ラーメンショーで3年連続売上げ1位を記録した全国区のお店。ラーメンフェスタのメニューは富山ブラック(東京ラーメンショーバージョン)と肉そば背脂増しの2種類ですが、今日は肉そば背脂増しにしてみました。豚骨ベースに魚介系が加わって、ほんのり甘みも感じる醤油味のスープ。大き目の背脂がゴロゴロと入ってコッテリまろやかって感じです。中細麺はつるつるシコシコ。よく煮込まれて味が染みた肉は甘辛くて徳島ラーメンを思わせる印象。とろとろの卵黄とスープ、肉が混ざって絶妙の美味しさでした。6234 6235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「王虎 入善店 @富山ラーメンフェスタ2012」(富山県入善町)

富山ラーメンフェスタで1杯目は「王虎」へ。こちらでは入善ブラウンラーメンを提供。今やブラックに並ぶ富山県を代表するご当地ラーメンです。今回はラーメンフェスタ仕様となっているようで、海老団子入りです。スープはサッパリとした海老味噌味にやや辛味が加わってとても美味しいスープです。中細ストレート麺はやや堅め。コシもあります。海老団子はプリプリ、海老の風味がいいですね。この海老団子を割ると中からバターがじゅわっとあふれてきます。味噌スープにバターが混ざってコクと風味が増し、一層美味しくなりました6231 6228 6232 6230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「富山ラーメンフェスタ2012」(富山市)

1月27日から29日まで、富山市のグランドプラザで「富山ラーメンフェスタ2012」が行われています。今年は県内から人気店8店舗が集結。出店しているのは、「真太」、「煮込亭」、「まるたかや」、「王虎入善店」、「めん家」、「ひでお屋」、「いろは」、「徳川」です。各店舗でこだわりの人気ラーメンや限定ラーメンが提供されています。1,000円のチケットで2杯のラーメンがいただけます。(食器返却口でリユース容器使用料50円がバックされます。)6224 6227 6226 6244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「食堂 ミサ」(新潟県上越市)

上越市中郷区、国道18号沿いの妙高自動車学校に隣接している「ミサ」へ。「ニューミサ」や道の駅あらいにも「ミサ」がありますが、こちらの本店へは年に1回は必ずお邪魔しています。「ミサ」と言えばみそラーメンが代名詞。カレーラーメンも味噌に負けず美味しいので、近年はカレーラーメンをよく食べていましたが、今日は基本のみそラーメンを注文。テーブル席のみの店内は昼時常に満席状態。店内に充満しているみそとニンニクの匂いが食欲をそそります。大きめな丼のみそラーメン。白味噌ベースにニンニクがしっかりと効いています。玉ネギともやしもたっぷりと入ってボリュームあります。このスープ、やっぱり旨いですね。遠方から行く価値はあります。中縮れ麺はもちもち感があってスープがよく絡みます。チャーシューは入っていません。卓上の唐辛子入れてピリ辛にも。食べ終えて満腹感と満足感に浸ります。いやー、旨かったです。6223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「五衛門」(富山市)

富山市安養寺の「五衛門」へ。昼時はいつも満席状態の繁盛店です。いつもラーメンをいただくのですが、今日は思い切ってあんかけ風醤油つけめんを注文。「五衛門」はブラックとまではいかないまでも、濃い目の醤油スープですが、つけダレもベースはラーメンと同じようにコクのある濃い目の醤油。”あんかけ風”のとろみをつけていますので、つけダレはかなり熱々です。麺はラーメンと同じ?の中麺ですが、やや滑らかさにかけるような気がします。チャーシューはやっぱり旨いですね。ただちょっと薄切りなのが残念です。美味しくいただきましたが、やっぱり「五衛門」はラーメンがいいなって思いました。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「万里」(富山市)

富山市上冨居の「万里」へ久々の訪問。駐車場に”無添加スープで仕上げた濃厚醤油ラーメン専門”の大きな看板。こちらは化学調味料などを使用しない無添加です。メニューはラーメン、チャーシューメンの2種類に麺追加があり、今日はラーメンを注文。丼を覆いつくす大きなチャーシューと真っ黒いスープ。かなりインパクトがあります。スープはかなり濃い目でまさにブラックですが、昆布の旨みと甘み、酸味などが一体となって後味のよいすっきりとしています。掲示にあるとおり、大きくて柔らかなチャーシューを崩しながらスープに馴染ませると、コクと旨みが一層増して美味しくなります。自家製の太縮れ麺はもっちもち。コシも強く喉越し抜群。しっかりと麺の味も感じ、これはかなり旨い麺です。チャーシューはとても柔らかいのですぐ崩れてしまいますが、味は結構濃い目です。麺が美味しいので、麺追加がおススメです。6213 6215 6214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺専門店 アラキ」(富山市)

富山市住友町にある行列店「アラキ」へ。駐車場も広いですが、広々とした店内は満席の盛況ぶり。お客さんでごった返している感じです。券売機近くに「麺の量が多いです」の貼紙。今日はみそホルモン中華(略してみホ中)を注文。行列に並ぶことなく何とかカウンターに滑り込みです。満席でしたがさほど待たずに着丼。箸で麺を持ち上げてみると・・重い。なるほどかなりのボリュームです。生姜が効いてやや甘みのある味噌スープは、結構アッサリとしたもの。中細麺はやや柔らかめですが、つるつるでとても食べやすい麺です。ゴロゴロと入っている”ホルモン”はモツではなく、ロースやバラなどの豚肉の部位を油抜きして煮込んだもの。独特の食感と舌触り、味付けです。麺量が多いので、途中、卓上のおろしニンニクを投入し、食欲を増幅させます。並でもやっぱりかなりの食べ応えのある一杯。「いやー喰った、喰った。」という感じです。6211 6212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大長」(富山県高岡市)

高岡市鐘紡町の「大長」へ。住宅地の中に佇むラーメン店です。イケメン店主とご家族で切り盛りするこじんまりとしたお店。カウンターと可愛いテーブル席が一つあります。メニューを見て2枚チャーシューを注文。リーズナブルなトッピングの中からこま肉を追加しました。ラーメンは名前のとおり2枚のチャーシューが乗っかっています。スープは富山ブラック風でかなり真っ黒。見た目は塩分高そうなブラックですが、飲んでみると濃い目ながらキレのあるすっきりとしたもの。見た目ほどしょっぱさは感じません。これは旨い!です。中細ストレート麺はつるつるシコシコ。滑らかで美味しい麺です。2枚のチャーシューは直前に機械で切っています。やや濃い味付けですが、チャーシューもこま肉も柔らかくてとても旨い肉です。やや辛めに炒められたメンマが抜群の旨さ。チャーシュー、メンマともかなりいい仕事しています。たっぷりのネギも嬉しいです。ただしょっぱいだけのブラックではなく、奥深く、旨み抜群の絶品ラーメンでした。家庭的な接客も好印象。(※写真がぼけてしまいました・・。)6209 6210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やまの庵」(岐阜県飛騨市)

飛騨市神岡町の「やまの庵」。廃線となった神岡鉄道の奥飛騨温泉駅の裏手にあります。道路に面しておらず、チョッと入りますので、知る人ぞ知る隠れ家的なお店です。大きく重厚な古民家そのままの建物。カフェと陶芸家・渡部徹氏の工房とギャラリーがあります。カフェは大きなお部屋に囲炉裏、センスのいい調度品や飾り付け。とてもゆったりと落ち着く癒しの空間です。カレーと飲み物がありますが、今日はカレーを注文したところ、奥様から「ライスは酵素玄米もあります。」とのことでしたので、そちらをお願いしました。飲み物のセットなのでコーヒー(やまの庵ブレンド)にします。カレーはじっくりことことと煮込まれた思われる牛すじと野菜。適度な辛さととろとろ感。どこかほっとするカレーです。酵素玄米は消化がよく身体にもやさしいとのこと。赤飯のようにもっちもちの食感です。サラダも野菜たっぷり。いやー、本当に美味しいですね。ご主人の陶芸作品の器でいただけるのも魅力です。コーヒーカップが特に気に入りました。居心地のいい雰囲気と奥様のお人柄に癒され、ついつい長居してしまいました。帰りに陶芸工房も見学。また絶対来たくなる、そんなお店です。6189 6173 6182 6186 6180 6178 6177 6188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スターシュプール緑風リゾート ひだ流葉」(岐阜県飛騨市)

今シーズン初滑りに、飛騨市の「流葉」へ。朝早くに出発。今日(8日)は初滑りなので、まずは午前券(8:00~12:00)で足慣らしです。今朝(8日)はかなり冷え込んでいて、おそらく-5℃くらういだったのではないでしょうか。そのため雪質はさらさらのパウダー。圧雪バーンも非圧雪バーンもとても滑りやすく、快適なシュプールを描くことが出来ます。3連休のため、中京地区をはじめ多くのボーダーやスキーヤーが楽しんでいましたが、リフト待ちも少なく、午前券で4時間みっちりと滑りました。さすがに足腰、膝はがくがくです。こちら「ひだ流葉」は、天気がよければ北アルプスから乗鞍岳、御嶽山まで一望できる素晴らしいロケーションが魅力ですが、あいにく今日は見ることが出来ませんでした。またの機会を楽しみにしたいと思います。ゲレンデ下に温泉があるのも魅力ですね。6130 6165 6136 61486150 6151  6155 6167 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「塩苅食堂」(富山市)

富山市梅沢町の「塩苅食堂」。住宅街の中にあって昼時は常に満席状態をキープ。お客さんがひっきりなしに訪れます。テーブル席だけの店内は昔ながらのお蕎麦屋さん風で昭和レトロないい雰囲気が漂っています。メニューはラーメン、そば、うどん、丼物などいろいろありますが、今日は中華そばを注文。動物系ガラのアッサリとして郷愁を感じる懐かしい醤油味のスープ。アッサリの中にもとても旨みがあってどんどん飲めるスープです。自家製の中太縮れ麺は独特の縮れ方をしているユニークな麺。しっかりとしたコシと歯応えとともに麺の味もよく感じます。チャーシューは柔らかくて自分的にかなり好みの味です。じんわりと旨さを感じるこの中華そば。美味しかったです。6123 6124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺家 一鶴」(富山市)

富山市中島の人気店「一鶴」へ約4ヶ月ぶりの訪問。店内には小さなテーブルが増えていました。今日は特製濃厚らーめんを注文。今日はご主人お一人で切り盛り。お忙しそうですがしっかりと挨拶してくれます。スープは豚骨や鶏などがベースのまったりとして粘度の高い、まさに濃厚そのもの。魚介系も加わって旨みも抜群。コクがあってまろやかで、これは美味しいですね。太麺は強いコシとしっかりとした噛み応え。よく噛んで麺の味をしっかりと味わえます。麺にスープがねっとりと絡んできます。大ぶりで厚さ1cmはあるチャーシューが2枚。肉厚ですがとても柔らかく、肉の旨み抜群。かなり食べ応えがあります。結構大量に入っているメンマもシャキシャキ。とろっとろの半熟煮玉子も絶品でした。1月9日・10日は店内改装のためお休みのようです。6122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺屋 つくし」(富山市)

富山市太郎丸の人気店「つくし」へ。新年は今日3日から営業していますが、開店後まもなく満席です。今日は未食の塩ラーメンに煮玉子トッピング。油の量を聞かれますが「普通で。」程よいラードで覆われたスープは豚骨ベースのまろやかな塩味。焦がしネギ?炒めもやし?の香ばしさとわずかに感じるニンニクの風味が食欲をそそります。味噌ほどではありませんが、塩にもラードがよく合ってます。太麺はプリップリでもちもち。弾力もあって相変わらず美味しい麺です。一般的に塩には細麺かなと思うのですが、この麺もラードが効いたスープによく合います。チャーシューは噛むほどに肉の旨み、甘みを感じる逸品。煮玉子はとても上品な味付け。きくらげもシャキシャキです。さすが「つくし」さん、塩もかなりレベルが高く、味噌や醤油に負けない美味しさです。6121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麺王」(富山市)

富山市石金に先月オープンした「麺王」。前回いただいた豚骨醤油のラーメンがとても旨かったので、日をあけずに再訪。今日は気になっていた和風(魚介)ラーメンを注文。ベースの豚骨醤油に魚介系がよく効いたスープ。やや濃い目ですが、まろやかな豚骨の旨みと魚介が見事に合体。豚骨醤油のスープも旨かったのに、更に魚介系が加えられて美味しさ倍増っていう感じです。このスープほんと旨いです。太麺もコシがあって歯応え十分。相変わらず美味しい麺です。麺とスープとの相性は抜群ですね。柔らかくてとろけるチャーシューも旨いです。ラーメンも和風ラーメンもどちらも甲乙付けがたい美味しさでした。6119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「飛騨ちんかぶ」(富山市)

富山市奥田寿町の「飛騨ちんかぶ」へ。ちんかぶとは飛騨地方の方言でカジカ(清流に棲む魚)のこと。以前、飛騨市神岡町にお店がありました。店内はカウンターとテーブルで居酒屋風。夜は12時までの営業でおつまみ類も充実しています。今日は醤油ラーメンの全部のせを注文。全部のせは、スープは飛騨らしく、牛骨メインで動物系と魚介系の素材が凝縮したアッサリ系。じんわりと旨みが口の中に広がるとても上品なスープです。麺も飛騨らしく細縮れ麺。スープがよく絡みます。煮玉子は燻製したもの。しっかりした味付けが絶品です。話好きなおかみさん?が飛騨の山椒を勧めたので、少し入れてみるとスープがピリッと締まります。アッサリでシンプルな飛騨そばですが、心も身体も温まる一杯。また来たくなるアットホームなお店とおかみさんです。飛騨牛コロッケがとても美味しそう。6118 6117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岩本屋 富山二口店」(富山市)

2012年の初ラーメンは「岩本屋」へ。元旦から営業していました。昨年、福井本店へ行きましたが、富山では初めての訪問です。外観、店内とも「岩本屋」の雰囲気ですね。元日の11時、開店と同時にお客さんがどっと押し寄せて店内は満員状態。今日はつけ麺に煮玉子トッピングです。こちらの店員さん、とにかく元気。大きな声が飛び交っています。壁には店員さんの書初め”今年の抱負”も。食券を渡すとき、麺の堅さ、味の濃さ、背脂とネギの量を聞かれますが、すべて普通にしました。豚骨ベースのさらりとしたつけダレ。味は結構濃い目ですが、豚の旨みがよく出た旨いタレです。背脂も結構大量に浮いています。濃い目ながらスープ割しなくても飲めます。多加水熟成真空麺と書いてある麺。やや堅めでしっかりとコシのある縮れ麺です。麺の上にはたっぷりの刻み海苔、和風なざるらーめん的な味を醸し出しています。半熟煮玉子がしっかりとした味付けでとても美味しいです。元気で丁寧な応対や帰り際出口まで見送ってくれたりと、接客に対する姿勢には好感が持てます。6113  6116 6115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「謹賀新年 ~2012年元旦~」

2012年 平成24年 辰年 あけましておめでとうございます。

昨年は、東日本大震災をはじめ、台風による水害など、多くの災害が発生しました。

寒い冬を向え。被災地の方々のご苦労は大変なことと思います。

新しい年、日本国中みんなが人と人の絆を信じて前向きに歩んで行く、希望の年になることを願っております。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »