ぶらり旅(四国)

「高速観潮船うずしお」での渦潮観測(鳴門市)

高速観潮船に乗船し、渦潮の観測に出ました。今日の満潮が15時50分、出航が15時30分、大きな渦潮に期待ができます。高速船で一気に大鳴門橋下のポイントへ、船は激流の中に入っていく。以前から渦潮は大きいものがひとつ出来るのかなと思っていたが、出来ては消え、また出来てみたいに、渦はあちこちに発生する。大きいものから小さいものまで、よく目を凝らして船の周りを見ていないと見逃してしまう。激流で船も左右に大きく揺れながら渦潮を追う。目の前で渦巻く激流、その大迫力に圧倒される。大きく揺れるので、写真を撮るのも一苦労。鳴門の渦潮は世界最大規模と言われ、渦の直径も20mに達するものも発生するとのこと。今日はそれほど大きくはなかったが、鳴門の渦潮の迫力を体感しました。361 362 349 350 351 357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「眉山」(徳島市)

275 276 昨夜の夜景に続き、再び眉山へ上がりました。徳島市街が一望、夜景では見えなかった四国三郎・吉野川の雄大な流れも手に取るようです。天気のよい日は淡路島から紀伊半島まで見渡せますが、今日はちょっとぼんやりしています。また徳島を舞台にしたさだまさし原作の映画「眉山」が今公開されている。松嶋菜々子主演で、この眉山や阿波おどりなど徳島市内一円でロケが行われたそうだ。267 268 272 269

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「朝の徳島市内散歩」(徳島市)

徳島ラーメンを食べるまでの時間、徳島市内を散歩しました。新町川にかかる両国橋、ここは徳島市の繁華街近くにあり、付近の新町川は水際公園としてきれいに整備され、市民の憩いの場となっている。両国橋には、男女の阿波おどりのオブジェが立っている。川沿いには阿波おどりの時の演舞場になる広場も多い。繁華街を歩くと阿波おどりのオブジェも発見。阿波おどりが行われる徳島の暑い夜に思いを募らせながら、静かに街を歩く。今日の徳島も暑くなりそうだ。246 245 248 252 256 255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「眉山」からの夜景(徳島市)

251 徳島市のシンボル「眉山」からの夜景を見に行きました。「眉のごと雲居に見ゆる阿波の山・・・」と万葉集に詠まれた眉山は、遠くから見るとまさに眉のように見える山だ。ロープウェイで頂上の展望台へ。徳島市内の夜景が一望できます。本当にきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小豆島オリーブ園」(小豆島)

小豆島の「オリーブ園」です。小豆島は、日本のオリーブ栽培の発祥の地。今や小豆島といえばオリーブ、ここに「日本のオリーブの歴史があります。ここには、オリーブ園や展示場、ショップなどがあり、多くの観光客で賑わう。また、ここから瀬戸内を見渡す眺望も抜群。そして名物のオリーブリーフソフトクリーム、今日の小豆島は本当に暑く、こんな日はやっぱりソフトです。オリーブリーフの粉末を配合したそのソフト。そしてハート型のプチウエファーが付いているが、これは細長いハート型のオリーブの葉を見つけた人は幸せになれるという話があり、その願いを込めているそうだ。ソフトはオリーブの香りと味わい、これはここでしか食べられないのでは?とっても暑い今日の小豆島、オリーブリーフソフトは最高でした。233 218_2 225 226 221 219 228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岬の分教場」(小豆島)

二十四の瞳の舞台となった「田浦分教場」です。ここは明治35年に建設され、昭和46年3月に廃校になったが、廃校後も「岬の分教場」として当時のままで保存されている。まさにここが二十四の瞳の舞台だ。昭和3年、大石先生はここに自転車に乗ってやってきたのだ。映画村のときもそうだったけど、今にも校舎から子供たちが出てきそうだ。二十四の瞳の場面が思い浮かぶ。時の流れが止まったような・・・ほんとに懐かしい。202 203 205 213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松港~小豆島・土庄港(フェリー)

高松で朝うどんを食べた後、いざ小豆島へ。高松港へ行くと、ちょうど土庄港行きのフェリーがすぐ出るとのこと。さっそく切符を購入し乗船。小豆島まではフェリーで1時間。船に乗るのは久しぶりだ。客席に座っているのはもったいない気がして、展望デッキに上がる。今日もよく晴れて日差しが強いが、瀬戸内の風が心地よく感じる。しばし、海を眺めながらゆったりとした時間を過ごす。わずか1時間だけど、船の旅っていいなあ。海を見つめながら、離島で暮らすってどんなものなんだろうとか、若い人は島を離れて都会へと行ってしまうのかなあとか、いろいろと考えてしまう。きっと旅の人間にはわからないものがあるんだろうけど、でもこのスローな雰囲気、すごく気に入ってしまいました。148 168 171_2 161_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はりまや橋」(高知市)

よさこい節に唄われる「土佐の高知のはりまや橋」です。はりまや橋を中心に公園として整備されている。朱塗りの太鼓橋、鉄製の橋、御影石の橋があり、現在の橋の上は自動車に混じって路面電車も懐かしい音を出しながら走っている。橋の近くにはからくり時計があり、毎正時によさこい節にのってからくりを演じる。(上から高知城、下から踊り子、左から桂浜と坂本龍馬、右からはりまや橋と純信・お馬) 道後温泉のからくり時計もよかったが、これも楽しいからくりだ。今日のはりまや橋には、ぼんさんはかんざしを買いに来ていなかった・・・。099 101_2 104_2 113 100 098 111_3 127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桂浜」(高知市)

高知を代表する景勝地、桂浜に行きました。まずは坂本龍馬像を見る。実物を見るとかなり大きい。高さは台座を含め13.4mもある。有名な写真をモチーフにしているが、写真は足を交差しているが、この像は安定性を考慮して足は交差していないらしい。近代日本の夜明けを待たず志半ばにして非業の死を遂げた龍馬、その心中は察しても余りあるものがある。桂浜を、そして太平洋を見据える龍馬の心中やいかに。龍馬像を見てから桂浜に下りる。砂浜を歩きながら維新の志士たちに想いを馳せる。075_2 105_2 104 101 095 111 078 086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「道後温泉」街歩き(松山市)

道後の温泉街をぶらり散歩。本館近くには「坊ちゃんからくり時計」がある。30分おき?にからくりが披露されるからくりが人気。マドンナなど坊ちゃんに登場する人物などが音楽とともに時計の中から出てくる。これは楽しい時計だ。そのすぐ前には伊予鉄道「道後温泉駅」。松山の街も路面電車が走っている。そこに「坊ちゃん電車」が停車していた。これから市内へ向かうらしい。坊ちゃん列車は明治以降市内を走っていた蒸気機関車を復元。かなり小さくて可愛い車体、観光客などを乗せ、汽笛を鳴らしながら出発していきました。056 033 034 049 059 053 051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん お城 お祭り そば(その他) そば(富山県) そば(新潟県) そば(長野県・中信) そば(長野県・北信) そば(長野県・南信) そば(長野県・東信) ぶらり旅(中国) ぶらり旅(北陸) ぶらり旅(四国) ぶらり旅(新潟) ぶらり旅(東京) ぶらり旅(東北) ぶらり旅(東海) ぶらり旅(長野県・中信) ぶらり旅(長野県・北信) ぶらり旅(長野県・南信) ぶらり旅(長野県・東信) ぶらり旅(関東) ぶらり旅(関西) イベント カレー グルメ スイーツ・パン スポーツ ニュース プロレス ラーメン(その他) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(富山県・東部) ラーメン(富山県・西部) ラーメン(山形県) ラーメン(岐阜県) ラーメン(新潟県・上越) ラーメン(新潟県・下越) ラーメン(新潟県・中越) ラーメン(東京) ラーメン(東北地方) ラーメン(東海地方) ラーメン(石川県) ラーメン(福井県) ラーメン(福島県) ラーメン(近畿地方) ラーメン(長野県・中信) ラーメン(長野県・北信) ラーメン(長野県・南信) ラーメン(長野県・東信) ラーメン(関東地方) 丼物 博物館・記念館 寺社 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 歴史 温泉(その他) 温泉(富山県) 温泉(新潟県) 温泉(群馬県) 温泉(長野県・中信) 温泉(長野県・北信) 温泉(長野県・南信) 温泉(長野県・東信) 遊園地・テーマパーク